4年

微かにギターの音がする
いまの僕は、もうその音を鳴らすことができない。


あの頃、僕は自分を信じて、自分を持って生きていたと思う。
隣で笑ってくれる君を空気のように感じ、それを当たり前と思っていた。
いつも僕の味方でいてくれた。
現実に目を閉じ、背を向けたときも、隣にいてくれたのは君だった。

あの頃は、これから先もずっと、君が隣にいてくれると信じて疑わなかった。
僕らの関係も僕が手にしているものも変わることはない。
そう思っていた。


けれど僕が手にしているものでは、君を守ることも、
自分を守ることすらもできなかった。


捨てきれない想いとプライド。
自分にはこれしかないとしがみついて、他のものへ目を向けることもせず、
ただ自分だけを見て、自分の想いだけを貫こうとしていた。

その姿さえ、君にはかっこよく見えてるんじゃないかと思った。


あの頃の君は、よく笑っていたし、すごく元気に見えた。
それは僕の隣にいるから、自然と笑い、元気なんだと、僕は勝手に思っていた。
見えないところで泣いている君に気付きもせずに。

僕の隣にいるから笑っていたんじゃない。
僕の隣にいるから元気だったんじゃない。


僕のために、必死にその優しさをくれていたんだ。


僕が手にしているもので君を守れていたなら、
君はそんなに笑ったり、元気な姿ばかりをみせてはいなかったよね。
正直に、泣いたり、愚痴をこぼしたり、わがままを言っていただろう。


僕が君を追い詰めたんだ。



「約束を守れなくてごめんね」



君は泣いて謝った。

どうして君が謝らなければならなかったのか。
泣かなければいけなかったのか。


なにを謝っているのか。

僕にはわからなかった。

いまではその泣き顔さえ、うまく思い出せない。



突然、君を失って、
すべての世界が灰色になった僕の手に唯一残っていたものは、
音の鳴らないギター。

淀んだ世界の中で、それを弾くことは、もうできない。



いまの僕にできることは、どこにいるかわからない君へ、
どうか心から笑ってと願うことぐらい。


幸せになって
笑っていて
どうか


あの頃、僕にくれた幸せのぶんまで。



にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ
スポンサーサイト

| それぞれの一日 | 06:08 │Comments4 | Trackbacks0編集

| main |

プロフィール

ハル

Author:ハル
  ↓ぽくっと↓

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
  ↑ぽちっと↑

このサイトに使用されている
画像、文章、その他を無断で掲載、転載、
複製することを禁じさせていただきます。

リンクフリーです

ブログ内検索

QRコード

QR

フリーエリア